ブラックになってしまうと新たに借り入れは審査が難しい

金融事故を一度起こしてしまうと最低5年は消えません

一度、個人信用情報機関(所謂ブラックリスト)に事故の履歴が載ってしまうと、重度によりますがすぐに消えることはありません。 インターネット上でそれを消す方法などが根拠もなく噂されています。 実際は信憑性に欠けますし実際は不可能と言われています。 支払いの遅延や延滞で5年から7年、民事裁判で自己破産や債務整理した場合は今後10年はCICに問合せした際に、しばらく残ってしまいます。 そうなってしまうと同じ会社や大手はもちろん、他の企業や以前までは金融事故を起こした事がある人に貸し付けを行っていた所もあります。 貸金業法改正により数段難しくなりました。 貸し付けを行ってくれる企業は違法な暴力団の闇金として有名な所ぐらしか残されていません。

3ヶ月支払い日から遅れると個人信用機関に載ってしまう事も

申し込みを色々な会社に同時に行う事もリスクがあり危険です

審査に難なく通過することが出来ずに数社に渡って同時に契約申請を行ってしまうと悪意ある「申し込みブラック」というものになってしまうような場合があります。 このような行為が「不正を行おうとしている可能性がある」ものです。 「あちこちに申請しなくてはならない貧窮の状態」であると貸手に、勝手にこれだけで判断されてしまう事です。 ここで数カ月は真面目に事故履歴がなくても普通の審査にどうやってもこれから通過できないようなものです。 悪い状況は誰も考えたくもないような本当に最低のどん底の状態になってしまうそうです。 現在、これは日本には(株)シーシービー、(株)テラネットです。 全国信用情報センター連合会(全情連)(株)シー・アイ・シー、全国銀行個人信用情報センター(全銀協)の5つが主な個人信用機関です。 別々に独立して機能しているという話と事故履歴は自動的に関連して全てにこうして掲載されてしまうと言う話があります。

このページの先頭へ