「車で融資」や「乗ったまま借りれる」は危険性が高い

大手中古車買い取り会社を利用することをおススメします

自分の愛車を担保にお金を借りる会社の広告を運転中見かけたことがある人も少なくないと思います。 実際に自動車のローンの支払いが残っている状態でも融資を行ってくれる会社もあります。 これをネットで調査するとほとんどが信用機関や貸金業協会加盟に登録を行っていない違法な闇金融と考えていいでしょう。 最終的には法外な金利や手数料で車だけでなく、もっと大きな借金を背負うはめになった人の口コミや評判で会社名で検索すると情報が溢れています。 車種や製造の年式によっては中古車市場で出ている値段の半分以下しか資産価値がないのです。 どう頑張ってもここでは借りることができません。 こういった金利は一般常識よりも高いので元本が遅々として減らずに返済する額は、ここから次第に右肩上がりにどんどん膨れ上がってしまいます。

乗ったまま融資といっても名義を変更させられてしまいます

車の所有者があなたの名前ではなくなってしまいます

このシステムのポイントはお金を借りても根本的な持ち主は変わらないように都合よく詐欺のように状況によっては怪しく聞こえる内容です。 車検証の所有者欄からお客様の名前が消え業者名義に自動的に変更されてしまいます。 その後に車を使用するリース契約を相互で結ぶ事になります。 システムは自分の車を自腹で期限付きでこうしてレンタルすることになります。 もし、元本のローンの支払いが追い付かなく半分も終わっていない場合などは複数からの借入の多重債務者という内容になります。 結果それによって一気に多額な借金を増やすことになります。 結局ここまでしても、本当に実際借りれる融資の額は非常に少なくなっており(金利が高いため、少額でもすぐに膨れ上がる)ただ、ここでは大きな損をするだけになってしまいます。

このページの先頭へ