まだ一般的にはそこまで浸透していないソーシャルレンディング

実は消費者金融と比べても低金利です

保証人や担保なしで融資を受けようと思うと選択肢は少なく、一般的には銀行か消費者金融の二つに搾られてきます。 最近ではカードローンの種類も増えほとんどの銀行がキャッシングをするためのプランを出しています。 また消費者金融も同様に数は増えています。 大手と言えばプロミスかアコム、レイクなど駅前にある所でそれ以外はあまり広くは知られていません。 正規でしっかりと登録して業務を行っている所と闇金融や悪徳な幽霊企業の違いを見分けるのは難しくなります。 金銭的なリスクを考えるとあまりおススメはできません。 ソーシャルレンディングという聞きなれない個人間融資の新規の金融サービスがあります。 大手法人のSBIも参戦した事によってじわじわと世間で人気が出てきています。

ヨーロッパやアメリカでは当たり前のように浸透している個人間融資

余計な手数料やコストをカットして低金利に抑えられる

ソーシャルレンディングはお金を借りたい人と週末の副業の収入で融資したい人(所謂、投資家)を繋いでくれる新ジャンルのネットの繋がるサービスです。 日本でもmaneoやaqushというベンチャーの株式会社が一部署として参入しました。 大手企業であるSBI(ネット銀行や信販、保険などでも有名)がプランが数種類あります。 このタイプのサービスを2011年3月から開始した事によって、一般的にも更に注目され話題になっています。 業界でも先をみる目がある20代の若手社長や、深夜のテレビやメディアでも有名なIT関係の企業などが将来の可能性を見込んで、ここでも興味を示しています。 結果的にはこのように、やはり、ここでは借り手が消費者金融などより低金利で融資を受けれる理由があります。 このような中間マージンの搾取をできるだけ上手くカットすることによって、これが可能になりました。


このページの先頭へ