つなぎ融資ブリッジローンはスピードが勝負になります

金利が高めなため期間を一日でも短くしたいものです

つなぎ融資とは、銀行などで融資は決定しているものの、抵当権の関係で即日の融資が実行されていないまま工事や支払いなどをするため一時的に資金繰りをする事です。 借りるわけですから利息が定期的に発生しますので、ここではできる限り期間を短くすることで抑えることができます。 金利以外にも、枚数に応じた印紙代や手数料が掛ります。 用意しなくてはいけない指定された書類の種類もここでは多いのです。 ここではなるべく早い段階で金融機関に窓口で相談しておくことがスムーズに商談の話を進めるだけでなく損をしないための鉄則になってきます。 なるべく金利が低く自己負担が少ない、このような案件になれている老舗会社が一番優先順位的にも、これは今の段階ではおすすめです。

新築一戸建て住宅以外に、マンションの分譲住宅も

資金計画は余裕を持って立てる必要があります

基本的には利用する金融会社がほとんどのことを入金までスムーズに行ってくれます。 実際には中には悪質な契約を知識がないうえに辞めたくても無理強いさせられてしまう場合があります。 また予め頭に入れておかなくてはいけないのが、所謂つなぎ融資には利息以外にも印紙代(これはどのシチュエーションでもです。しっかりと借り入れする金額にもよりますが数万円)、振込手数料もかかります。 3ヶ月以内に発行した住民票や役所に届けている個人の印鑑証明も忘れないように事前に用意する必要が特にあります。 ここで忘れずに予め準備しておきましょう。 35年の新築の住宅ローンの兼ね合いもありますので、できるだけ信頼できる大手業者を利用する事をおススメします。 しかし、これは過去に金融事故がありブラック扱いを受けている悲惨な方などもいます。 事前の審査が厳しくなります。

このページの先頭へ